関西保育福祉専門学校

キャンパスレポート

家庭支援論(保育科2年生)

2017年7月25日(火)

家庭支援論(折戸昭美先生)の授業風景をお届けします。

家庭支援論の授業では、子どもが育つ「家族」・「家庭」の意義や機能について理解し、子育て家庭を取り巻く、社会的状況の変化とその支援体制について学びます。
家庭支援論①

家庭支援論②

今日の授業では、
特別なニーズを持つ家族とその援助方法について学んだあと、

実習で役立つ「手遊び」をしました。

③

「手遊び」は子どもとコミュニケーションを図ることができるだけでなく
リズム感を養い、脳の発達をうながすことができます。

家庭支援論③

また、子どもたちは「手遊び」を通して季節や生き物・食べ物の種類なども
自然に覚えることができます。

④

家庭支援論④

皆さん、今日ならった「手遊び」をぜひ実習でいかしてくださいね♪