関西保育福祉専門学校

キャンパスレポート

集団遊び(保育科1年生)

2017年10月30日(月)

保育科1年生は木曜日に実習指導の授業で、現場で役立つ「体を動かす遊び」や「制作遊び」等を実践しながら学んでいます。

集団遊び3

本日の授業は「集団遊び」です。
集団遊びでは子どもたちが遊びを通して以下のことを学びます。

 ①集団遊びを通じて、友達との関わり合いを深め協調性や思いやり、自分の感情のコントロール等を身につける。
 ②集団遊びのルールを知ることで社会のルールを学ぶ。
 ③身体や運動機能の発達を促す。
 ④考える力・判断力を養う。

 集団遊び7

ポイントは保育者自身も楽しむことです♪

最初に「かみなりドン!」ゲームからスタート!
このゲームは円になり、ボールを回していきます。
真ん中の保育者が「ドン!!」と言うまで続きますが、どのタイミングなのかわからないのでみんなドキドキです。

集団遊び8

みんな生き生きと体を動かしています!


次のゲームは「だるまさんがころんだ」
みんな慎重に、でも早歩きで鬼に近づきます!
集団遊び4

最後に「手遊び」です。
歌に合わせて、みんなでリズムをとりながら手・指を動かします。

集団遊び6

集団遊び5

集団遊び1

集団遊び2

楽しみながら学ぶことできました。
ぜひ、実習で活かしてくださいね!