関西保育福祉専門学校

保育科 卒業生インタビュー

入学した頃から「公立保育所で働けたらいいな」という思いが私のなかにあり、筆記試験や実技試験など、早い段階から担任の先生と一緒に対策を始めました。就職活動の面接で役立ったのは、実習での体験です。子どもとのエピソードなど印象に残ったことをノートに書き留めておき、面接で話すようにしました。本番も落ち着いて話せたのは、先生方の面接指導のおかげだと感謝しています。いま、保育所では1歳児を担当しており、子どもたちが発達していく様子が見られることに幸せを感じています。子ども一人ひとりがありのままでいられる。そんな安心感のある保育士になりたいと思います。

早川 明日子さん

関西保育福祉専門学校では、同じ思いを持った仲間とともに専門的な知識を多く学ぶことができました。特にピアノは自信がなかったのですが、先生方のていねいな指導や毎日の積み重ねで、子どもたちと一緒に歌えるようになりました。入学後すぐに始まった姉妹園での実習も印象的で、子どもたちが『楽しい』と感じられるように進めることの大切さを学べたことは、いまも日々の保育のベースとなっています。この仕事のやりがいは、子どもたちの成長を間近に見ることができること。これからも、子どもたちの一番身近なところで、成長の「後押し」をしていけたらいいなと思っています。

竹村 克也さん

今勤めている保育園への受験をすすめてくださったのは担任の先生です。「あなたの学びになるし、きっと成長できるよ」と迷っていた私を後押ししてくださいました。試験では子どもたちの前で手遊びをする実技がありましたが、1年次から実習を重ねていたので緊張せず楽しくこなすことができました。職場には関西保育福祉専門学校の卒業生も多く、同じことを学んできた先輩がいるという心強さもありますね。私が学生時代の学びが今に活かされているなと思うのは、自分の意見を表現すること。グループワークで普段から意見を出し合っていたので、今も反省会で意見が言えますし、保護者の方々との交流にも役立っています。

榊原 奈々美さん