関西保育福祉専門学校

保育科 概要

現場を身近に感じながら、子どもと社会を育む保育者になる。

保育科では社会状況をふまえ、子どもに共感できるゆたかな感性と保護者の支援に必要な知識や技能を修得。
早くから現場実習を重ねながら、高い職業意識と多様なニーズに対応できる能力を養います。

保育科の特長

子どもにとっての最善を考えながら、柔軟に対応。敏速な行動力で成長を援助できる人材を育てます。

教育カリキュラムのイメージ

【教育目標】

保育者としてのコミュニケーション能力を身につける

子ども発達過程を理解し、発達に応じた関わり方を身につける

保育者としての表現力を身につける

保育者としての規範意識を身につける

子どもの疾病や事故への対応力を身につける

本校独自の実習システムの「質と量」は、他校を圧倒!

実習プログラムのイメージ

実習をとおして幼稚園や保育所、児童福祉施設、社会福祉施設の機能と役割を学び、職務内容の理解、保育者としての使命・責任感を育成。さらに子どもの発達に即した保育実践力を養います。

兵庫県内で短大と同じ「幼稚園教諭免許」と「保育士資格」の両方が取得できるのは本校だけ!

取得できる資格・免許
  1. 幼稚園教諭二種免許
  2. 保育士資格
  3. 保健児童ソーシャルワーカー

資格取得奨励制度について:専門資格の他に、社会で活躍する上で強みとなる資格取得を推進。本校奨励の検定試験の合格者に、奨励金を支給する制度を設けています。

文部科学大臣、厚生労働大臣指定校のため、短大等通信教育の併修は必要なく、卒業時に「幼稚園教諭免許」と「保育士資格」の両方を取得できるのは、兵庫県内の2年制専門学校では本校だけ。今後増えていく幼稚園と保育所の機能をあわせもつ「認定こども園」への就職にも有利になります。

卒業後活躍できるフィールド

全国で活躍する先輩たちのイメージ

取得する資格・免許を活かせる
就職先をご紹介します

保育所 幼稚園 認定こども園 児童養護施設 乳児院 児童館 児童発達支援センター 児童自立支援施設 など