関西保育福祉専門学校

資格取得奨励制度

各種資格・検定の取得への取り組みについて

本校が奨励する検定試験の合格者に、
奨励金を支給する「資格取得奨励制度」

本校では、専門資格を取得する他に、社会人として社会で活躍する上で必要なマナーやパソコンスキルなどの資格取得を支援しています。本校が奨励する検定試験の合格者に検定料相当額を奨励金として支給する「資格取得奨励制度」を設けています。

本校奨励の検定試験

日本語検定

実習記録の作成において、また就職後の各種記録や文書作成において、文章力は非常に重要な能力の一つとなっています。「敬語」「文法」「語彙」「言葉の意味」「表記」「漢字」の6つの領域のスキルアップと共に、「言葉の力」と共に、「論理の力」の向上を支援しています。


パソコン 各種検定

  • 文書デザイン検定試験
  • パソコンスピード認定試験
  • 情報処理技能検定
  • プレゼンテーション作成検定試験

保育業界、福祉業界にかかわらず、仕事を進める上でパソコン操作はもはや不可欠なスキルとなっています。本校では、就職後に、自らの能力を充分発揮できるよう、社会人としての基礎力向上・資格取得を支援。情報処理能力や文書デザイン能力など、コンピュータの活用能力の向上を支援しています。


福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者の方々が、できるだけ自立し、いきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身につけ、各種の専門家と連携しながら適切な住宅改修のプランを提示することができます。