関西保育福祉専門学校

学校のあゆみ

沿革

1950年 5月

創設者濱名ミサヲ女史は、第2次世界大戦で自宅を全焼、また尼崎一帯は焦土と化す。世相は混乱し、生活も苦しく物資に事欠く中で、市の財政事情も悪く、当時尼崎市連合婦人会会長、および尼崎市教育審議会委員であった同人に私立幼稚園設立の強い要請もあり、かねてから抱いていた「戦後の復興は教育、特に幼児教育にあり」との信念から、苦境にあっても情熱を鼓舞し、資産を処分し幼稚園建設にふみきった。「以愛為園」すなわち「愛をもって園となす」の精神から、愛こそは教育の基本であり保育の原点である。人の心を受け入れる姿勢と思いやりの精神こそ人格形成の基礎を培うべき幼児教育の根本精神であり、建学の精神として最もふさわしいと考え、「愛の園幼稚園」と命名。尼崎市連合婦人会会長の要職を辞し、自ら園長となって幼稚園教育の道に専念し、陣頭に立って幼児教育に没頭する。

1953年 6月

本校の前身である「尼崎幼稚園教員養成所」を愛の園幼稚園に設置

1955年12月

愛の園幼稚園および尼崎幼稚園教員養成所を「学校法人濱名学院」に組織変更

1957年 3月

尼崎幼稚園教員養成所を「関西女学院」に改称
文部大臣より幼稚園教員養成機関としての指定を受ける

1957年10月

学校法人濱名学院に保母養成所を設置し、厚生大臣より保母養成施設としての指定を受ける

1969年 4月

関西女学院校舎を現在地に新築移転

1976年 3月

全国初の男性保育者が本校から誕生

1976年 4月

新しく発足した専修学校制度にともない保母養成所を吸収し、「関西女学院保育専門学校」として認可を受ける

1981年 4月

男性保育者の進出に対応し校名を「関西保育専門学校」に校名変更

1982年11月

初代校長逝去のため第2代校長に濱名弘子就任

1983年 5月

愛の園幼稚園を「難波愛の園幼稚園」に改称

1984年 4月

社会福祉専門課程社会福祉科開設

1985年10月

新校舎(西館)増設

1988年 4月

社会福祉専門課程介護福祉科開設

1989年 2月

新校舎(東館)増設

1989年 4月

校名を「関西保育福祉専門学校」に校名変更

1995年 3月

全学科の課程修了者に「専門士」の称号付与が認可される

1998年 4月

姉妹校「関西国際大学」を三木市に開学

2006年 4月

第2代校長濱名弘子が退任し、名誉校長に就任
第3代校長に羽白逸生就任

2008年 4月

社会福祉科を廃止

2009年 4月

姉妹校「関西国際大学」尼崎キャンパスを開設

2011年 4月

第3代校長羽白逸生が退任し、第4代校長に和泉喜久男就任

2014年 3月

文部科学大臣から「職業実践専門課程」に認定を受ける