関西保育福祉専門学校

介護福祉科 キャリアサポート

個別指導により就職をフォロー。

介護福祉科の学生たちは1年次から長期の実習に取り組み、日頃から就職を意識しているため、自分はどういう施設で働きたいかが早い段階で明確になります。本校では入学直後から就職活動を段階的にバックアップ。クラス担任が一人ひとりの適性を見極め、きめ細かな個別指導により夢の実現へと導いています。

就職サポートスケジュール

サポートの流れ

1年次「個を磨く」

現場実習でも就職を意識!

  • 現場実習スタート
  • 就職ガイダンス
  • クラス担任による個人面談
Point! 「現場実習スタート」

現場での貴重な実習時間は、将来の方向性を決める大事な要素となります。また、実習施設に就職する学生も多く、早い時期からの意識づけが重要となります。

2年次(前期)「活動のノウハウを得る」

そろそろ分野を絞り込む時期! 本番に向けた受験対策も!

  • 就職フェア参加(教員が引率)
  • 就職ガイダンス(就職の心得を確認)
  • 就職セミナー「先輩を囲む会」
  • 施設見学
  • クラス担任による個人面談
  • 求人票のチェック
Point! 就職セミナー「先輩を囲む会」

6月に卒業後2~5年の先輩たちを招いてのセミナーを開催。さまざまな分野で仕事をしてきた先輩たちを囲み、勤務内容や福利厚生、新人研修の充実性など、リアリティのある質問が飛び交います。進路決定において、自分にとって何が重要なのかを見極めるきっかけになります。

Point! 「求人票のチェック」

モバイルサイトからも求人情報を確認でき、最新の情報を逃すことなくチェックできます。

2年次「具体的に動く」

  • 模擬面接
  • 過去問題や面接内容の確認
  • 履歴書・エントリーシート・添削指導
Point! 「模擬面接」

介護福祉業界の就職試験では特に面接が重要になります。志望分野が絞り込まれたら、クラス担任が個別指導を実施。校長や教頭を交えた模擬面接では、本番さながらの緊張感の中で自分の意見を表現し、自分らしさを発揮するトレーニングを行います。

イメージ

地元の施設、有料老人ホーム、
実習先など、それぞれの志向に応じて選択可能。

  • 雇用条件を重視したい
  • 地元の施設で働きたい
  • 実習した施設で就職したい
  • 企業が経営する施設で働きたい
  • 夜勤ができないためデイサービスや訪問介護がいい
  • 新設の施設で夢を実現したい など

幅広い年齢の学生が学ぶ介護福祉科では、就職に対する志向も多彩。さまざまな施設から求人が寄せられる本校なら、施設の種別はもちろん、地元で就職したい、ライフスタイルに合わせて選びたい、企業が経営する施設に行きたいなど、それぞれの志向に応じた就職が叶います。

卒業生の声

OG Voice

藤田 千優さん

「現場力」に直結する実習と授業が就職活動はもちろん今なお支えに。

藤田 千優さん
2013年介護福祉科卒業/特別養護老人ホーム
鹿児の郷勤務


OG Voice

佐野 明日香さん

「ありがとう」「楽しかったよ」利用者さんの笑顔が一番の励みです。

佐野 明日香さん
2012年介護福祉科卒業/介護老人保健施設
友の家勤務