関西保育福祉専門学校

介護福祉科 カリキュラム

どのような状況に直面しても真摯に向き合い、自ら考え行動できる能力を育成します。

豊富な現場実習によるリアリティのある学びを通じて、どのようなケースに直面しても自分で考え、行動することのできる能力を育みます。
教員や実習施設の指導者の連携によるフォローも万全。介護者に必要な力が着実に身につく2年間です。

介護福祉科の学び

介護の役割とは、対象となる人と一緒に「その人の自立を重んじた生活をサポート」することにあります。現場の対応を肌で学ぶ「現場実習」、専門職として人間を深く理解する「授業」で得た学びをどうケアに結びつけるか。高い意識を持って意欲的に学びを進めていきます。


特色ある授業 スキルアップ講座

介護福祉の現場は、さまざまな分野のプロフェッショナルたちが支えています。高い専門性と教養とともに、介護福祉を広くとらえる力を養うため、介護福祉の分野に多方面から関わっている方々を招いての特別講義を実施。介護福祉業界への理解を深め、幅広い視野を養成します。

シーティングエンジニアを招く

人間の姿勢保持を学ぶとともに、QOLの向上を目指したオーダーメイドの椅子づくりなどを学びます。

シーティングエンジニアを招く

ダンス教室を開催

地域の老人福祉センターなどで実際に実施されているレクリエーションの意義について学びます。

ダンス教室を開催

みんなに優しい街づくりを考える

地域住民が快適に住むためには、どのような福祉資源の活用やあり方が必要かを調査し発表します。

みんなに優しい街づくりを考える

メーカーからおむつフィッターを招く

生活の基本である排泄について、手づくりパットの作製を通して、科学的に理解します。

メーカーからおむつフィッターを招く

街のくらしを体験する

疑似体験道具を身につけ、街に出かけて利用者の気持ちを理解します。

街のくらしを体験する

救命講習の実施

心肺蘇生法とAEDの基礎知識を学び、救命処置の流れを実際の演習を通して身につけます。

救命講習の実施

カリキュラム

1年 基礎・実習 2年 応用・発展・実習
人間と社会
人間の尊厳と自立
  • 人間の理解A
 
人間関係とコミュニケーション
 
  • 人間の理解B
社会の理解
  • 社会と制度の理解A
  • 社会と制度の理解B
 
人間と社会に関する選択科目
  • 表現演習
  • レクリエーション活動法
  • 生活文化
  • 臨床心理学入門
介護
介護の基本
  • 介護の基本Ⅰ
  • 介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
コミュニケーション技術A コミュニケーション技術B
生活支援技術
  • 生活支援技術・基本
  • 生活支援技術・応用
  • 生活支援技術・地域
介護過程
  • 介護過程Ⅰ
  • 介護過程Ⅱ
  • 介護過程Ⅲ
介護総合演習
  • 介護総合演習Ⅰ
  • 介護総合演習Ⅱ
介護実習
  • 介護実習Ⅰ-1
  • 介護実習Ⅰ-2
  • 介護実習Ⅱ
こころとからだのしくみ
発達と老化の理解
  • 発達と老化の理解A
  • 発達と老化の理解B
認知症の理解
  • 認知症の理解A
  • 認知症の理解B
 
障害の理解
  • 障害の理解A
  • 障害の理解B
こころとからだのしくみ
  • こころとからだのしくみⅠ
  • こころとからだのしくみⅡ
  • こころとからだのしくみⅢ
医療的ケア
医療的ケア基本研修
  • 医療的ケアA
  • 医療的ケアB
医療的ケア研修
 
  • 医療的ケア演習

本校は厚生労働大臣から指定された「介護福祉士養成施設」です。
したがって、同じ資格が取得できる短期大学と全く同じ内容を学ぶことができます。

特色ある学びのスタイル 
リンク&サイクルプログラム

リンク&サイクルプログラム

現場を意識したカリキュラムで構成された授業は、長期にわたる現場実習と常にリンク。授業で学ぶ基礎から応用までの知識・技術は、現場で実践してはじめて自分のものとなるため、授業と実習を最も効果的な形で繰り返すしくみを用意しています。

リンク&サイクルプログラム

時間割例 (1年次前期)

時間割例