学科紹介

保育と介護福祉。これからの社会を支える専門職を育成。

少子高齢化の深刻化で、保育と介護福祉が担う役割はますます重要になっています。
これからの社会を支えていく、保育・介護福祉の専門職業人としてふさわしい人材を育成しています。

保育科

保育科

【昼間2年制・男女共学・100名】

県内唯一!幼稚園教諭免許と保育士資格の両方を全員取得!
子どもたちの健やかな人間形成を担う愛のある保育者を育成。

介護福祉科

介護福祉科

【昼間2年制・男女共学・40名】

他校にない実習プログラムが自慢!確実に実践力が身につきます。
豊富な現場実習を重ね、自ら考え行動できる介護福祉士へ

職業実践専門課程

関西保育福祉専門学校の、現場と連携した学びが評価され、保育科・介護福祉科が文部科学大臣から「職業実践専門課程」に認定されました。

資格取得を奨励しています

保育士や介護福祉等、専門職としての知識や技術とともに、就職後の職業人としての基礎的な能力向上のため、コミュニケーション能力の向上を目指した「日本語検定」、パソコン技能の向上を目指した「文書デザイン検定」、「情報処理技能検定」、「プレゼンテーション作成検定」及び「パソコンスピード認定」等を本校を試験会場として実施するとともに、これらの技能の向上に向けた指導を行っています。また、検定に合格した場合には、検定料を奨励金として支給(3級以上)しています。さらに、令和元年度からは、新たに防災士の資格取得に向けた取り組みを進めています。